テーマ: プロ野球 本日(10/21)は、今から31年前、1989 (平成元)年10月12日、パ・リーグ優勝をかけた、西武-近鉄のダブルヘッダーで、 近鉄バファローズ の ラルフ・ブライアント が、 2試合に跨り、奇跡の4打数連続ホームランを放った日である。 パ・リーグは西武と猛牛打線擁する近鉄による熾烈な優勝争いが繰り広げられた。 先に日程を終了した西武が、近鉄の試合結果を待つという展開で、最終日、近鉄はロッテとのダブルヘッダーを1勝1分で終わり、西武の優勝となった。 この年、近鉄は西武と激しい優勝争いを演じていましたが、前日の18日までに全 日程を終了していた西武の成績は、73勝51敗6分(.589)で、追う近鉄は73勝52敗3 分(.584)でした。近鉄が逆転優勝するためには、19日の対ロッテ戦ダブルヘッダー 1989年の日本シリーズ(1989ねんのにっぽんシリーズ、1989ねんのにほんシリーズ)は、1989年 10月21日から10月29日まで行われたセントラル・リーグ(セ・リーグ)優勝チームの読売ジャイアンツ(巨人)とパシフィック・リーグ(パ・リーグ)優勝チームの近鉄バファローズ(近鉄)による第40回プロ野球 日本選手権シリーズである。 近鉄ハイキング情報 (12/3現在) 2020年12月01日 「近鉄あみま倶楽部アプリ」10コース追加のお知らせ 2020年12月01日 観光特急「青の交響曲(シンフォニー)」 冬季オリジナルケーキ販売について 2020年11月30日 一部特急列車の延長運転について(12月31日) 2020年11月30日 西武は2位に1ゲーム差をつけていたが、10日の敗戦であとがなくなり、ダブルヘッダーとなった12日の第1試合、近鉄の主砲ブライアントに郭、渡辺久が3本塁打を喫し、第2試合でも決勝本塁打を浴びた。 翌11日、西武─近鉄戦は雨で試合中止。日程が詰まっていたこともあって、10月12日が対西武のダブルヘッダー(西武)となった。 まず第1試合、近鉄は、西武の辻発彦に2ランを浴びるなど、3回までに0対4とリードを許す。 本日(10/21)は、今から31年前、1989(平成元)年10月12日、パ・リーグ優勝をかけた、西武-近鉄のダブルヘッダーで、, 近鉄バファローズのラルフ・ブライアントが、2試合に跨り、奇跡の4打数連続ホームランを放った日である。, ブライアントの「奇跡の4連発」により、近鉄は王者・西武ライオンズのリーグ5連覇を阻止して、, 近鉄バファローズが、前年(1988年)10月19日の川崎球場のロッテ-近鉄のダブルヘッダーで、惜しくも優勝を逃した、, 所謂「10.19」決戦の借りを返し、この2日後(1989/10/14)に、近鉄バファローズは9年振りのリーグ優勝を達成した。, 1988(昭和63)年10月19日の、「10.19」のロッテ-近鉄のダブルヘッダーについては、, 昨年(2019年)、私は、このブログで詳しく書いたが、近鉄は最終戦で惜しくも時間切れ引き分けにより、優勝を逃してしまった。, 近鉄が、その悔しさを晴らしたのが、この「10.12」の西武-近鉄のダブルヘッダーだったのである。, <1988(昭和63)年10月19日…川崎球場のロッテ-近鉄の「10.19」のダブルヘッダーで、近鉄は第2試合に時間切れ引き分けで、惜しくも優勝を逃す>, 1988(昭和63)年のパ・リーグは、西武ライオンズと近鉄バファローズが激しく優勝を争い、, 10月19日、川崎球場でのロッテ-近鉄のダブルヘッダーで連勝すれば優勝、という所まで漕ぎ着けた。, 第2試合は、近鉄はロッテの抵抗に遭い、4-4で延長10回時間切れ引き分けに終わった。, 死力を尽くして戦い抜きながらも、最後の最後で、無念の涙を呑んだ近鉄の戦いぶりは、日本中の感動を呼んだ。, 所謂「10.19」のダブルヘッダーは、今もなお、「伝説」として語り継がれているが、, <1989(平成元)年のパ・リーグ…新生「オリックスブレーブス」が「開幕8連勝」でスタートし、当初は首位独走⇒近鉄は6月まで最大8ゲーム差、西武は6月末まで最大11ゲーム差を付けられるが、近鉄と西武が盛り返し、終盤は「西武・近鉄・オリックス」の「三つ巴」に>, 1989(平成元)年は、近鉄バファローズは、前年(1988年)の悔しさを晴らすべく、, 近鉄は「10.19」で、日本中の感動を呼んだとはいえ、優勝を逃してしまったという事実に、変わりはなかった。, 仰木彬監督も、勿論、前年(1988年)の「リベンジ」を果たす事しか、頭に無かったであろう。, 前年(1988年)シーズンオフに、歴史と伝統有る阪急ブレーブスを買収した、新興企業「オリックス」の名を冠した、, 松永浩美-福良淳一-ブーマー-門田博光-石嶺和彦-藤井康雄-本西厚博-中嶋聡-小川博文…, と続く、所謂「ブルーサンダー打線」が大爆発し、オリックスはいきなり「開幕8連勝」を記録し、暫くは首位を独走した。, 上田監督は、強力打線を作るのに長けた監督であるが、新生オリックスも、「ブルーサンダー打線」が火を噴き、, オリックスは、6月まで、2位・近鉄に8ゲーム差を付ける、ぶっちぎりの首位独走であった。, 前述の通り、6月までに首位・オリックスに最大8ゲーム差を付けられ、オリックスの独走を許していた。, 大石第二朗-新井宏昌-ブライアント-リベラ-淡口憲治-鈴木貴久-金村義明-山下和彦-真喜志康永…, と続く、近鉄の所謂「いてまえ打線」が調子を上げ、近鉄がオリックスを猛烈な勢いで追い上げ、, 森祇晶監督率いる、絶対的王者・西武ライオンズは、この年(1989年)、怪我人が続出した事もあって、, 6月頃までは全く不振であり、6月末には、遂に首位・オリックスに最大11ゲーム差を付けられてしまう、体たらくであった。, すると、デストラーデは物凄い勢いで打ちまくり、デストラーデの打棒と共に、西武も急上昇して行った。, 9月に入り、近鉄バファローズとオリックスブレーブスは激しい首位争いを繰り広げていたが、, そこに、西武ライオンズも割って入り、9月16日、西武はこの年(1989年)初めて、首位に立った。, <1989(平成元)年10月12日の時点の、西武・近鉄・オリックスの「3強」の状況>, 10月以降も、西武・近鉄・オリックスの「3強」による「三つ巴」の優勝争いは延々と続き、, 1989(平成元)年10月12日、西武球場での西武-近鉄のダブルヘッダーを迎えた時点での、, 近鉄の残り4試合⇒10/12 西武戦×2(ダブルヘッダー)、10/14 ダイエー戦、10/15 西武戦, オリックスの残り4試合⇒10/12 ロッテ戦×2(ダブルヘッダー)、10/13 ロッテ戦、10/15 ダイエー戦, 同日(10/12)の、川崎球場でのロッテ-オリックスのダブルヘッダーで、オリックスが1つでも負けるか引き分ければ、その時点で、西武の優勝が決定するという状況である。, 更に、近鉄は、このダブルヘッダーで1つでも負ければ、その時点で近鉄優勝は消滅するという、まさに崖っぷちであった。, <1989(平成元)年10月12日…「西武-近鉄」ダブルヘッダー第1試合~近鉄が、ブライアントの3打席連続ホームラン(ソロ⇒同点満塁⇒勝ち越し)で、西武に6-5の逆転勝利!!>, この試合、西武の先発は郭泰源(かく・たいげん)、近鉄の先発は高柳出巳で始まったが、, しかし、近鉄は4回表、ブライアントが郭から46号ソロホームランを放ち、近鉄が1-4と1点を返した。, 5回裏、西武が1点を加え、西武が5-1とリードを広げ、これで勝負あったかに思われたが、, その初球、郭の投じた変化球が、真ん中高目に浮いた所を、ブライアントは見逃さなかった。, ブライアントのバットが一閃すると、打球は打った瞬間にそれと分かる、ライトスタンドへの大ホームランとなった。, ブライアントの一振りで、近鉄は5-5の同点に追い付き、中西太ヘッドコーチをはじめ、近鉄ベンチはお祭り騒ぎとなった。, 渡辺久信は、ブライアントを得意としており、それまで、ブライアントには1本もホームランを打たれた事は無かった(対戦成績:14打数8三振)。, そこで、森監督は万全を期して、渡辺をマウンドに送ったが、ブライアントは渡辺の速球を苦手としており、, そして、カウント2-1から、渡辺久信が投じた、内角高目の剛速球を、ブライアントは思いっきり振り抜いた。, いつもなら、ブライアントは簡単に空振りするような球だったが、この日のブライアントは、神がかっていた。, 何と、ブライアントのバットは、この剛速球をドンピシャリのタイミングで捉え、打球は物凄い勢いでライトスタンドへと飛んで行った。, ブライアントの3打席連続ホームランで、近鉄が遂に6-5と大逆転し、渡辺久信はガックリと膝をつき、呆然と打球の方向を見送っていた。, この試合、ブライアントは3打席連続ホームランで、1人で6打点を荒稼ぎし、西武を粉砕してしまったのである。, この時、ブライアントは両手を高々と上げてガッツポーズをし、渡辺久信はガックリと膝をついたまま、立ち上がれなくなってしまったが、それは、あまりも対照的な、両者のコントラストであった。, ブライアント1人のバットで、まさに西武を打ち破るという、近鉄としては価値有る1勝となった。, 近鉄は崖っぷちで踏みとどまったが、一方、西武としては非常にダメージが残る、痛すぎる1敗となってしまった。それは、単なる1敗以上の重みが有った。, <1989(平成元)年10月12日…「西武-近鉄」ダブルヘッダー第2試合~ブライアントの「4打数連続ホームラン」など、近鉄打線が大爆発!!~近鉄が14-4で西武に大勝、近鉄が西武に連勝し、近鉄「マジック2」に!!…西武「V5」の夢、ほぼ潰える>, 2-2の同点で迎えた3回表、この試合、第1打席は四球だったブライアントが、西武・高山から、左中間スタンドへ4打席連続となる49号勝ち越しホームランを放った。, 近鉄は西武に連勝し、崖っぷちだった筈の近鉄に、逆に「マジック2」が点灯してしまった。, こうして、ブライアントという1人の男のために、王者・西武ライオンズは木っ端微塵に粉砕され、, 西武優勝を期待し、西武球場に詰めかけていた、超満員の西武ファンは皆、まさかの展開に悲鳴を上げ、ガックリと肩を落としたり、涙を流す女性ファンの姿も有ったが、そんな西武ファンの姿が、つい前日までは、ほぼ確実と思われていた西武優勝が、一転して絶望的になってしまった事を、如実に物語っていた。, 展開によっては、まだ西武優勝の可能性も僅かに残っていたが、1989(平成元)年のパ・リーグの勝負の行方は、事実上、ここで決まったと言って良い。, <1989(平成元)年10月14日…近鉄-ダイエー戦(藤井寺球場)で、近鉄が5-2でダイエーを破り、遂に近鉄バファローズ、9年振り優勝!!~歴史的な「三つ巴」の大混戦に終止符~最終的には、首位・近鉄、2位・オリックス、3位・西武が「1厘差」ずつ、上位3球団が0.5ゲーム差にひしめく、空前の大混戦>, 10/12、川崎球場のロッテ-オリックスのダブルヘッダーは、オリックスが10-2、14-2で連勝したが、, 翌10/13、オリックスはロッテに3-5で敗れてしまい、これで近鉄は「マジック1」となった。, そして、1989(平成元)年10月14日、近鉄の地元・藤井寺球場の近鉄-ダイエー戦を迎えたが、, 藤井寺球場のスタンドは、近鉄優勝の瞬間を見届けようとする、近鉄ファンで超満員に埋め尽くされていた。, そして、阿波野は前年(1988年)の「10.19」の悔しさを晴らし、ダイエーの攻撃を無得点に抑えた。, 阿波野は、最後の打者・伊藤寿文(ダイエー)を見逃し三振に打ち取り、ゲームセット!!, 近鉄・仰木彬監督は、遂にリーグ優勝を成し遂げ、近鉄の選手達から胴上げされ、藤井寺球場で宙を舞ったが、, というわけで、1989(平成元)年の「10.12」の、ブライアントの奇跡の4連発~「10.14」の近鉄優勝のドラマについて、お伝えして来たが、, やはり、先程も述べた通り、このドラマは、前年(1988年)の「10.19」から続く、2年越しの壮大なドラマの「完結編」と見るべきであろう。, 前年(1988年)の「10.19」で、高沢秀昭(ロッテ)に痛恨の同点ホームランを浴び、優勝を逃して涙に暮れた、近鉄のエース・阿波野秀幸が、その1年後に「胴上げ投手」となり、「リベンジ」を果たしたのも、また見事であった。, なお、1989(平成元)年のパ・リーグは、最終的には、首位・近鉄、2位・オリックス、3位・西武が「1厘差」ずつで、上位3球団が0.5ゲーム差にひしめく、空前の大混戦となったが、1989(平成元)年のパ・リーグのペナントレースの詳細については、また別の機会に書く予定である。, 【今日は何の日?】1989/10/12…西武VS近鉄「10.12」決戦、ブライアント4連発 | 頑張れ!法政野球部 ~法政大学野球部と東京六大学野球について語るブログ~, 法政大学野球部を中心として、東京六大学野球についての様々な事柄について、思いつくままに書いて行くブログです。, この2日後(1989/10/14)に、近鉄バファローズは9年振りのリーグ優勝を達成した。, 同日(10/12)の、川崎球場でのロッテ-オリックスのダブルヘッダーで、オリックスが1つでも負けるか引き分ければ、, この剛速球をドンピシャリのタイミングで捉え、打球は物凄い勢いでライトスタンドへと飛んで行った。, 1989(平成元)年のパ・リーグの勝負の行方は、事実上、ここで決まったと言って良い。, 最終的には、首位・近鉄、2位・オリックス、3位・西武が「1厘差」ずつで、上位3球団が0.5ゲーム差にひしめく、空前の大混戦. この年の西武ライオンズは、森祇晶監督の1年目のシーズンであり、2年連続9度目のリーグ優勝と3年ぶり6度目(1983年以来)の日本シリーズ制覇を果たしたシーズンである。 近鉄80000系「ひのとり」は、2020年3月14日(土)に運行を開始した大阪難波〜近鉄名古屋間の名阪特急です。従来車両とは異なる、メタリックレッドをベースとしたカラーリングと先頭車両は床を通常より高くしたハイデッカー構造のプレミアム車両で鉄道ファンだけでなく、広く人気のある車 … 近鉄バファローズ」の一つ目は、1989年10月12日に行われた西武ライオンズ戦。 近鉄が負ければ西武の優勝もあるなか、ブライアントが郭泰源や渡辺久信からホームランを打って勝利。 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 【今日は何の日?】1989/10/12…西武VS近鉄「10.12」決戦、ブライアント4連発. プロ野球 アイ 1989 近鉄バファローズ 特集 阿波野秀幸 密着ルポ 村上隆行 インタビュー 高柳出己 プロ野球ai 1988 プロ野球ai ★ プロ野球 アイ 1989年 近鉄バファローズ 特集 阿波野秀幸 特別企画選手に密着24時間、阿波野秀幸 近鉄バファローズ 投手仕事で必要だったので別のサイトで美品を … 近畿日本鉄道(近鉄)は12月4日、本年末年始における終夜運転を実施しないと発表した。12月30日~2021年1月3日に土休日ダイヤで運行するに留まる。 1989年のパ・リーグのペナントレースは、西武、近鉄、オリックスの三つ巴であった。 この年、首位を走ったのは新生オリックス。開幕8連勝で勢いづくと、ペナントを快走する。前年オフ阪急からオリックスに球団は譲渡され、西宮球場からグリーンスタジアム神戸と本拠地を改めていた。 今日は何の日?フッフ~ン♪(おもいっきし!テレビです)・・みたいな企画スタートします^^先日予告しといた通りです。10月12日と言えば、1989年の西武×近鉄… 1989年の近鉄バファローズ(1989ねんのきんてつバファローズ)では、1989年の近鉄バファローズにおける動向をまとめる。, 前年最終戦でロッテと引き分けて優勝を逃した雪辱に燃える仰木監督は「今年こそ優勝する」と宣言。宣言通りチームは開幕からまずまずのスタートを切るが、ブルーサンダー打線を擁するオリックスが独走状態に入ると前年優勝の西武ともどもオリックスを追いかける展開が続いた。6月まで最大8ゲーム差だったオリックスとのゲーム差を7月以降縮めていったチームは、阿波野秀幸やラルフ・ブライアントといった主力の活躍で8月に入りようやく首位を奪取。しかし9月に入ると西武が優勝戦線に参戦し、3球団のどちらかが抜け出せないまま10月12日を迎える。第1試合は西武が勝利すると思われたが、ブライアントが郭泰源をリリーフした渡辺久信から決勝ソロ。これで自信のついた近鉄は第2試合の先発・高山郁夫をはじめ西武投手陣をKOし、14対4で大勝して優勝マジックが点灯。一方オリックスは翌13日に最下位確定のロッテと対戦するもまさかの逆転負けでマジック1となり、最後は藤井寺のダイエー戦に勝って1980年以来9年ぶり3度目のリーグ優勝を達成。日本シリーズは巨人と対戦し、3連勝で王手をかけるが第3戦先発の加藤哲郎が「巨人はロッテより弱かった」と暴言を吐き、これが巨人の選手やファンを怒らせ翌日の第4戦を落とすと、第5戦は阿波野をリリーフした吉井理人が原辰徳に満塁本塁打を浴びて撃沈。日本一のかかった第7戦に加藤が登板するものの、駒田徳広に先制本塁打を浴びてKOされ降板。加藤の後を受けた投手陣は巨人打線に滅多打ちされ、終盤追い上げるものの5対8で敗戦。3連勝から4連敗して日本一を逃し、仰木監督の悲願である打倒巨人は夢と消えた。, 2004年12月1日にオリックス・バファローズに吸収合併され球団消滅。合併先の各年についてはTemplate:各年のオリックス・バファローズを参照。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=1989年の近鉄バファローズ&oldid=80228934. 1989年(平元)に常勝西武を下してリーグ優勝に導いたトレンディー左腕。 ... 85年から4連覇の西武は近鉄に優勝をさらわれた翌90年からも5年連続v。 1986年の西武ライオンズでは、1986年の西武ライオンズにおける動向をまとめる。. 1989年に9年ぶりに優勝した近鉄バファローズの全試合結果(勝敗、責任投手、セーブ、本塁打など)です。 10月5日 首位オリックスと3.0ゲーム差、2位西武と2.5ゲーム差で優勝が絶望的に。 1989年の近鉄バファローズとは?goo Wikipedia (ウィキペディア) 。出典:Wikipedia(ウィキペディア)フリー百科事典。 日本野球機構(npb)オフィシャルサイト。プロ野球12球団の試合日程・結果や予告先発、ドラフト会議をはじめ、事業・振興に関する情報を掲載。また、オールスター・ゲームや日本シリーズなど主催試合のチケット情報もご覧いただけます。 横浜、早実、名古屋電気(愛工大名電)などを相手に全6試合で完投し、決勝では京都商を破って日本一に輝いた。そして、81年ドラフト1位で近鉄に入団し、中日、西武を経て99年に引退した。 10.19(じってんいちきゅう)は、1988年 10月19日に神奈川県 川崎市 川崎区の川崎球場でダブルヘッダーにより行われた日本プロ野球のパシフィック・リーグ、ロッテオリオンズ 対近鉄バファローズ の試合である。. その後、ブライアントは沈黙したが、近鉄打線は勢いづいて、最終的には14得点の圧勝。14日にはダイエーに快勝して、前年の雪辱を果たす9年ぶりのリーグ優勝を決めた。 1989年10月12日 西武−近鉄25回戦(西武) (ダブルヘッダー第2試合) 近鉄 204 330 110 14 1989年のペナントレースのことを紹介する前にまず前年の1988年のペナントレースを紹介しよう。 88年のパ・リーグは近鉄バファローズと西武ライオンズが首位争いしており、9月までは首位西武と2位近鉄とは6ゲーム差あったのが終盤の10月に入るとほぼゲーム差がなくなり5日に近鉄が首位奪回、その後西武の連勝で首位が入れ替わるなど目まぐるしく首位が入れ替わるというまさに類を見ない熱狂に包まれた。 その後、10.19のロッテ戦ダブルヘッダー第2試合目で引き分けとなり近鉄の優勝は消え、 … [ 博物館トップ - 年度別選手成績・タイトル・チームデータ一覧 - 西武 : 1989年 ] 各年度のチームデータの一覧です。 西武 - 1989年 1989年パシフィック・リーグ順位変動 順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績 1位 オリックス-- オリックス-- オリックス-- オリックス-- 近鉄-- 西武-- 近鉄-- 2位 近鉄: 3.0: 近鉄: 4.5: 近鉄: 8.5: 近鉄: 4.0: オリックス: 2.0: オリックス: 1.5: オリックス: 0.0 3位 ダイエー: 5.5

近鉄 西武 1989

モーツァルト ミュージカル あらすじ, 大阪 賃貸 新築予定, メルカリ 購入者側 キャンセル ペナルティ, グラブル 挨拶 消える, ニトリ タオルケット Nクール, ホットケーキミックス 生クリーム スコーン, ニキビ跡 赤み 消す, ユニクロ Tシャツ レディース 長袖, あつ森 エラーコード 2618 0583, Sbi証券 自動引き落とし 確認, メルカリ トラブル 警察,